ガールズアワードに潜入してきた!その2

アカウント移行致します。

https://nemui-nemnem.hatenablog.com

 

5月19日、推しの勇姿を目に焼き付けるべく、今回もGirlsAward通称ガルアワに潜入しました。

  

今回は車で行きました。推しがOA(オープニングアクト)で出演するために、早めに出たのですが、途中渋滞が多くて泣きそうになりながらなんとか到着。

後になってから千葉の道は渋滞が多いと聞いたので、余裕を持ってきた方が良いなと思いました。

1番は公共交通機関を使ってくるのですが、なかなか難しい方もいると思います。

幕張メッセは周辺に駐車場が沢山あり、比較的車で来やすいのが魅力ですね。ただ、今回の会場だった9-11ホールが1番近い県営幕張第1駐車場は満車になっており、探すのが面倒なのでそばにあった最大料金2000円の駐車場に停めました。

駐車場に関しては、幕張メッセ公式ホームページでわかりやすく説明してくれています。

https://www.m-messe.co.jp/sp/access_car

 



f:id:EBi_16tycotoma:20180521014801j:image
今回のエントランス

  

時間に余裕を持ってきても、自由エリアでチケットを取った時、開演より遅れて入場となってしまう場合があります。今回、応募してチケットが当たった人で開演になっても入れない方々が沢山いました。OAが見たかったと言う方々が沢山おられたので、次回は改善をして欲しいなと思いました。

心配な人は、チケットを早めに取っておくことをおすすめします。

現在は、LINEで最速先行を行っているので、そちらで申し込むといいかもしれませんが、次回、推しがもう出ないかもしれないこともあるので、そこはある程度掛けですね。

ただ、こう言ったイベントは大変人気ですから取っておいて損はないと思います。

 

座席について

今回は前回と殆ど変わりありません。ただ少し変わったのは、男性エリアが小さくなっていると言う所でしょうか。ガールズアワードの名の通り、男性に人権がありません。ぼっちにも人権はありませんが。笑

あ、お察しの通り今回もぼっちでございます。


f:id:EBi_16tycotoma:20180521011738j:image

こちらが今回のフロアガイドです。

記憶の限り、ステージ周りを書いてみました。
f:id:EBi_16tycotoma:20180521012620j:image

本当にわかりにくくて申し訳ないのですが、記憶の限りではこんな感じでした。

 



f:id:EBi_16tycotoma:20180521014039j:image
f:id:EBi_16tycotoma:20180521014049j:image

今回はプレミアムシートのBブロックの4列目から何も行われていない時に撮影致しました。

前回の記事でもBブロックでしたので、今回は違う所もと思ったのですが、またBブロックでした。笑

次回、また行く機会がありましたら、自由エリアなどの他のブロックからの見え方なども載せられたら良いなと思います。

 前回と違った件は、各ブロックにスタッフさんがいて、席を外して戻ってくる時は、都度都度チケットを確認してから席に戻ってました。前回が緩すぎたんです。そばにスタッフさんもおらず誰でもプレミアムシートに入れましたから。

こうやって改善されていくのは大変良いことだと思いました。

 

次回は同じ幕張メッセではありますが、9-11では無く、1-3なのでどんな感じになるのか検討も着きません。

次回また推しが出演するとなれば、また潜入してきます。

 

企業ブース

今回も企業ブースが沢山ありました。SNSでシェアをすると無料で商品が手に入ったりする王道の物から、ハンサムガイと写真が撮れる異色の物がありました。

今回はすこさ頑張って、企業ブースにチャレンジしてきました。


f:id:EBi_16tycotoma:20180521083618j:image

推しが出る時間が読めなくて、挑戦出来るやつがこれぐらいしか無かったのですが、日時使えそうな化粧水やパックを頂けて嬉しかったです。特にクオリティファーストは使う頻度高かったのでありがたかったです。

 

飲食コーナー

前回と同様今回も飲食コーナーがありました。今回、 写真はないので、 前回の記事を参考にしていただけたらと思います。 アイスクリームや、ポテト、豚丼など、さまざまな、 メニューがありました。

また、ドリンクもありましたので、持ってくるのを忘れた方は、 こちらで買うのをお勧めいたします。

 

体調は万全で

プレミアムシートだったにもかからず、 頭痛などがひどくなってしまいました。 飲まず食わずで行ったのがよくなかったのですが、 長丁場なので飲み物を持っていかなかったのも一つの要因かと思いました。特にスタンディングの方は近くに座るところがないので、 7時間以上立ちっぱなしというのもざらで、かなりきついです。

飲み物は絶対あったほうがいいと今回思いました。 上記のとおり飲食コーナーで購入すると事が出来るので、席を外せる方やその場所から動ける方は購入することをお勧めします。それが難しい方は、あらかじめ飲を用意しておきましょう。

 

お土産

今回もお土産を貰いました!!

こんな感じです!!


f:id:EBi_16tycotoma:20180521235310j:image

 推しを見れてお土産も貰えて、本当に神イベントです。

 

ただやっぱり、ぼっちは辛い!笑

ガールズアワードに潜入してきました

アカウント移行致します。

https://nemui-nemnem.hatenablog.com

 

9月16日、推しの勇姿を目に焼き付けるべく、GirlsAward通称ガルアワに潜入しました。

 

 

到着には余裕を持ちましょう
乗りたい電車には乗れましたが、電車が48分に着いて開演の12分前。ホームは人がいっぱいでで立ち往生してしまいました。そして、階段を降りて目にしたのはまず、乗り越し精算の長蛇の列です。もちろん開演には間に合いませんので、開演時間に少しでも間に合わせたい方はチャージ金額に余裕を持たせておいた方がいいです。
改札を抜けて次に飛び込んできたのは女性トイレの列です。これはガルアワの会場内でも列がかなり出来ます。トイレはかなり並ぶので覚悟が必要です。笑
私はどちらも大丈夫でしたが、少しだけ歩いたり、ゲートから会場が遠く歩いたりとなかなか席にたどり着くけことが出来ず、開演から数分遅れてしまい一番最初に出てきた推しを見逃してしまいました。こうならない為にも、事前に準備して、時間に余裕を持たせて会場に向かいましょう。一番悪いのはモタモタしていた自分です。笑
今回で開演時間の12分前に着いても間に合わないことを勉強しました。

 

ゲートはこんな感じに

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010456j:image


入口に続く道に屋台が出ていました。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010508j:image

 

会場の中にはこのような企業ブースがあります。ぼっちだったので相手にされませんでした。笑

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010534j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010538j:image

 
インスタ映えしそうなスポットも

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010629j:image

 


エリアについて
今回の会場は幕張メッセでした。幕張メッセと言えば、スタンドがありません。なので、ほぼスタンディングでした。自由エリアとVIPエリアはスタンディングでプレミアム席は椅子がありました。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010646j:image

 

下の画像はプレミアムシートのBブロック7列目の写真です。何もやっていない時に撮影しました。ここはサブステージ(ランウェイの先端部分)を下手側から見ることになります。とっても近くで見ることができ、運が良ければ、モデルさんが投げたものを取ることができます。ほとんど投げるのはランウェイの先端からなので、それ狙い方はランウェイ先端を正面から見ることの出来るエリアがオススメです。今回はVIPエリアがランウェイの先端でした。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010817j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010836j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010854j:image

プレミアムシートは男性も入れるエリアなので、ステージを近くで見たい方はこのプレミアム席にいました。

 
混みすぎてホーム入場制限
帰りの駅のホームが混みすぎて入場制限がかかりました。幕張メッセでもう一つイベントを行っていた関係もあるようです。そのため一回下ってもう1度上り電車に乗りました。帰りはある程度は覚悟した方がよいかと思います。

 

お土産 

ファッションイベントはお土産を沢山もらえます。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010942j:image


企業ブースに行けばもっとお土産が増えるのですが、1人でしたので行く勇気はありませんでしたし、特に話しかけられもしませんでした。
ガルアワは可愛いモデルさんがたくさん見れたり話題のアーティストが見れたりとにかく楽しいイベントでしたが、お友達と一緒に行くのがいいと思いました。長丁場ですし、企業ブース…笑(根に持つ)

 

結果

ぼっちは辛い!!

 

ありがとうございました。

SUPER★DRAGONのメンバー紹介2

アカウント移行致します。

https://nemui-nemnem.hatenablog.com

 

2018.05.14更新

メンバーの池田彪馬くんが、書いたメンバー紹介が1番わかりやすいので、ぜひ参考にして下さい。
SUPER★DRAGON 公式ブログ - 【슈퍼드래곤】What's SUPER★DRAGON? - Powered by LINE

 

サンダードラゴン

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706205311j:image

 f:id:EBi_16tycotoma:20170706121245j:image

SOUGO(伊藤壮吾)

2003年2月17日生まれ

とにかく可愛い。赤ちゃん。ほっぺたもちもち。

たまにおじいちゃん。いや結構おじいちゃん。

ライブ中の笑顔めちゃくちゃ可愛い。癒し。

鉄オタで、惜しげも無くその知識を披露している。

ライブではそこの地域にあったアナウンスをしてくれる。

握手会で、電車ネタを話題にすると目をキラキラさせながら語ってくる。剥がされてるのに喋り続ける時がある。

よくそれで、オタクが着いていけなくなる。

上記の写真の通り、電車が絡むと高確率で笑顔になる。

また、電車との自撮りをあげた際、自分の顔よりも電車の写りを優先していた。

電車好きをブレずに続けたので、見事電車ネタでバラエティに出演した。

個人的にはタモリ倶楽部に早く見つかることを願っている。

去年のエビライのP!LKのティムくんとの並んだ時の映像を見ていただきたい。ビックリする。

とてもイケボである。

男性ファンも多い。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706200655j:image

 KOKI(田中洸希)

2003年2月27日

ボーカル、ラップ、ダンス、ヒューマンビートボックスを操るオールラウンダー。

ただ、ここまでこなすのは、相当な努力家だからである。

ビートボックスオタク。ネイポムに憧れている。

ダンスの時の表情に磨きがかかってきた。

顔がかっこいい。壮吾同様ほっぺたもちもち。

ただ、最近は成長でほっぺたがシュッとしてきた。

ジャンの事を嫌いと言っているが、裏腹に相当好きな模様。最近ジャンとカップルと言われている。

かなりのなで肩でよくメンバー弄られている。

弄られるとムキになるのが可愛い。

笑った顔がとっても可愛いく、母性をくすぐられる。

洸希も男性ファンが多い。

スパドラのゴールデンレトリーバー

f:id:EBi_16tycotoma:20170707172237j:image

ジャンとは仲良し。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706203051j:image

HYOMA(池田彪馬)

2003年6月2日生まれ。

彼からは恐ろしいほどのエロスを感じる。

えっ、まじで中学生?エロくね?

まずここから始まり気になりだす。

気になり出すと止まらなくなりハマり出す。

ハマり出すと止まらなくなる。

その様はまるで薬物依存のあの図のよう。

そんな不思議な魅力をもつイケ田彪馬。

最高レベルのエロさをもつ彼だが、時折見せる、年相応の可愛さにギャップを感じ、やられる人が多い。

故に年上女性からの支持も熱い。

最近では男性ファンも増えてきている。

歌もダンスもトップレベル。安心して見ていられるが、間違えたりすると引きずってしまったりとちょっとわかりやすい所もある。

そこがまた彼の魅力の一つであろう。

個人的には笑い声が好きだ。

彼の中にはギャルが住んでいるようで、時々、ギャルの様な雰囲気が出ている。

K-POPが好きで、BTSのジョングクに憧れている

f:id:EBi_16tycotoma:20170707172054j:image

笑うととっても可愛い

 

 f:id:EBi_16tycotoma:20170707172132j:image

TOMOYA(松村和哉)

2004年4月15日生まれ

ちょっと前までランドセル背負っていたのが、嘘のように大人っぽい。

ほっぺた真っ赤になるのがとても可愛い。

SUPER★DRAGONラストサムライ

カイ推しにおすすめである。

そしてカイを尊敬してる。

鋭い的確なツッコミを良くする。

ジャンに対しての毒舌が凄い。愛故に。

個人的におすすめなパーツは首である。喉仏も注目していただきたい。

低音を生かしたラップは聴きごたえがある。

彼の低音ボイスはSUPER★DRAGONに欠かせないものとなっている。

ライブでは殺陣を披露しており、大勢のファンの心を掴んだ。

和哉も男性ファンが多い。

f:id:EBi_16tycotoma:20170707173503j:image

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170707173808j:image

RAKU(柴崎楽)

第一印象「えっ、よ、幼女!!」

現在       「ら、楽様…!」

あざと可愛い。少々気まぐれさん。

ライブでは、端っこにいる人にも優しい微笑みをくれる。そして可愛い。

声変わりをして声が引くなった。

メンバーに対して構ってちゃん。可愛い。

とにかく可愛い。

玲於のことが好きで、ベタベタしている。

芸術的才能に溢れている。

私服もおしゃれ。

Rと言うネコを飼っていて、これまた可愛い猫である。

ビビちゃんと言うわんこもいる。

SUPER★DRAGONのメンバー紹介1

アカウント移行致します。

https://nemui-nemnem.hatenablog.com

 

2018.05.14更新

メンバーの池田彪馬くんが、書いたメンバー紹介が1番わかりやすいので、ぜひ参考にしてみて下さい。

SUPER★DRAGON 公式ブログ - 【슈퍼드래곤】What's SUPER★DRAGON? - Powered by LINE

 

ファイヤードラゴン

f:id:EBi_16tycotoma:20170706013417j:image

 REO(志村玲於)

1999年1月29日生まれ。

SUPER★DRAGONの最年長。

お母さん的存在であり、個人的にお嫁さんにしたいEBiDANメンバーNo.1である。(ちなみに旦那にしたいEBiDANメンバーNo.1はリョウガ)

美人、そしてかっこいい。

ダンスが一番上手いので、推しを見ているつもりが、玲於を見てしまっていることがよくある。

多分そうやって落ちてく人が多いのだろう。

握手会など対応がよく、友達のように話しやすいが、リアコ製造機でもあるので、多分ハマったら恐ろしい。

身長は最年長でありながら、メンバーの中で1番小さく、気にしている。

夏にはよくアロハシャツを着ている。

宿泊先のホテルでは自分のパジャマではなく、アメニティのパジャマをよく着ている。

何事にも熱いので、ライブではよく盛り上げ役を任されるが、やや滑る。そこも魅力の一つ。

よくメンバーから弄られる。愛されキャラ。

 6thワンマンで見せた涙は多くのファンの感動を誘った。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706015053j:image

TSUYOSHI(古川毅)

2000年2月27生まれ。

SUPER★DRAGONのメインボーカル。

顔が良い、高身長、声が良いと三拍子揃っている。

でかのっぽ(コーイチ命名)

お洒落がハイレベルすぎて着いていけない時がある。

性格に難があるが、可愛い所もある。ただ、顔が良い。

リリースイベントの特典会では中盤あたりから眠そうな顔や疲れた顔になってくるのでそれが嫌な人は序盤に行くことをおすすめする。(推しにするとそんな所も可愛く見えてくる。)

赤西仁を最大のカリスマと崇めている。

ライブでの歌い方のアレンジがとても良いので、ぜひライブに来て聞いていただきたい。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706021510j:image

JEAN(ジャン海渡)

2000年5月4日生まれ。

トルコと日本のハーフである。

バラエティ色が強めで面白い。

ラップ、ダンス、ヒューマンビートボックス、どれをとってもハイレベルだか、ラップが特にすごい。

本人が、一番好きだと言っている楽曲、Mr.GAMEを聞いてみるとその凄さがわかる。

髪型をよく変える。何をしても似合っていて羨ましい。

黙っていれば綺麗な顔をしている。

夕方になると青ヒゲが目立ってくるので、よくファンにネタにされる。

ライブの時表情が変化するので、たまに目が離せなくなる時がある。そのせいでリアコになりかける。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706023641j:image

HAYATE(飯島颯)

2001年10月12日生まれ。

お母さんに紹介したいメンバーNo.1

 

綺麗な顔をしていて、個人的には目がすごい好きなパーツだ。

何事にも一所懸命で、頑張り屋なので、よく颯推しに心配されている。

身長180cm超えとちょっと前まで中学生だったと思えない大人っぽさ。

だけど、喋るとふわふわで言葉が全部ひらがなで浮かび上がってくる。

穏やかなイメージが強いが、最近ちょっぴりうるさくなったようだ。そんな所も推していて可愛いポイントだろう。

家族思いで、ブログやインタビュー記事を見るとほっこりする。

お母さんの好きな手料理はと言う質問に対し、全部と言う100点満点の返答をした。

クマくんと言うネコを飼っていて、クマくん単体でもファンがいそうなほどブログに上がる写真が可愛い。(多分猫の着ぐるみを着た人間なのではないかと予想している)

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706025115j:image

クマくんと颯

f:id:EBi_16tycotoma:20170706025133j:image