ガールズアワードに潜入してきました

9月16日、推しの勇姿を目に焼き付けるべく、GirlsAward通称ガルアワに潜入しました。

 

到着前から波乱?
バス乗車中、バスが急に止まってなんだろうと思っていたら、前の車が急に止まったらしく、運転手さんがとっさに止めたようでした。バス内に声が聞こえるような放送のままだったので「ハザードぐらいつけろや」って静かにキレてるのが聞こえて運転大変なのわかるのですが、不覚にも笑ってしまいました。運転が丁寧だしとても優しい雰囲気なだけにギャップがあって余計に笑いを誘いました。
ただその前の車ならなかなか人が降りてこないので、バスも動けない状態で少し焦りました。そんなことも知らずに、前の車の人たちはしゃがんで何かをしていました。通過と同時に確認したら、サングラスが轢かれ、無残な姿となっていました。車の通らない道で確認するのはいいと思いますが、今回は車道でしたので、速やかに移動するべきだと思いました。サングラスよりも命が大切ですから。そもそもサングラスが轢かれるってどのような状況だったのでしょうか。考えてもキリがありませんね。笑

着くのが開演ギリギリに
乗りたい電車には乗れましたが、電車が48分に着いて開演の12分前。ホームは人がいっぱいでで立ち往生してしまいました。そして、階段を降りて目にしたのはまず、乗り越し精算の長蛇の列です。もちろん開演には間に合いませんので、開演時間に少しでも間に合わせたい方はチャージ金額に余裕を持たせておいた方がいいです。
改札を抜けて次に飛び込んできたのは女性トイレの列です。これはガルアワの会場内でも列がかなり出来ます。トイレはかなり並ぶので覚悟が必要です。笑
私はどちらも大丈夫でしたが、少しだけ歩いたり、ゲートから会場が遠く歩いたりとなかなか席にたどり着くけことが出来ず、開演から数分遅れてしまい一番最初に出てきた推しを見逃してしまいました。こうならない為にも、事前に準備して、時間に余裕を持たせて会場に向かいましょう。一番悪いのはモタモタしていた自分です。笑
今回で開演時間の12分前に着いても間に合わないことを勉強しました。

 

ゲートはこんな感じに

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010456j:image


入口に続く道に屋台が出ていました。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010508j:image

 

会場の中にはこのような企業ブースがあります。ぼっちだったので相手にされませんでした。笑

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010534j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010538j:image

 
インスタ映えしそうなスポットも

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010629j:image

 


エリアについて
今回の会場は幕張メッセでした。幕張メッセと言えば、スタンドがありません。なので、ほぼスタンディングでした。自由エリアとVIPエリアはスタンディングでプレミアム席は椅子がありました。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010646j:image

 

下の画像はプレミアム席のBブロック7列目の写真です。何もやっていない時に撮影しました。ここはサブステージ(ランウェイの先端部分)を下手側から見ることになります。とっても近くで見ることができ、運が良ければ、モデルさんが投げたものを取ることができます。ほとんど投げるのはランウェイの先端からなので、それ狙い方はランウェイ先端を正面から見ることの出来るエリアがオススメです。今回はVIPエリアでした。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010817j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010836j:image

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010854j:image

プレミアム席は男性も入れるエリアなので、ステージを近くで見たい方はこのプレミアム席にいました。

 
混みすぎてホーム入場制限
帰りの駅のホームが混みすぎて入場制限がかかりました。幕張メッセでもう一つイベントを行っていた関係もあるようです。そのため一回下ってもう1度上り電車に乗りました。帰りはある程度は覚悟した方がよいかと思います。

 

お土産

たくさんこう言ったファッションイベントはお土産を沢山もらえます。

f:id:EBi_16tycotoma:20170925010942j:image


企業ブースに行けばもっとお土産が増えるのですが、1人でしたので行く勇気はありませんでしたし、特に話しかけられもしませんでした。
ガルアワは可愛いモデルさんがたくさん見れたり話題のアーティストが見れたりとにかく楽しいイベントでしたが、お友達と一緒に行くのがいいと思いました。長丁場ですし、企業ブース…笑(根に持つ)

 

結果

ぼっちは辛い!!

 

ありがとうございました。

ガールズアワードの感想

スパドラの推し、古川毅の勇姿を見逃してしまい本当に悔しい思いをしたけど、その気持ちをかき消してくれるほど満足度の高いライブを超特急がしてくれました。

 

モデルとしての超特急

ライブの前に、NYLONのステージで見たモデルの超特急は新鮮でした。
今までこう言ったファッションイベントにはアーティストとして出演していて、モデルのようにランウェイを歩くことは個人ではあったけど、超特急自体では無かったんです。でも今回は超特急全員でランウェイに。本当に感動しました。推しがキラキラしていた。

ランウェイの先端でユースケが安定の変顔を披露しましたが、ちょっぴり抑え気味だったので、緊張してるんだなと、もう母のような気持ちになりました。
リョウガもランウェイの先端で披露してました。リョウガはガチです。ただその後にはたく振りをしたリョウガがとってもセクシーでした。ポールスミスじゃないリョウガってなかなかレアだと思いました。
そして、冷静な気持ちで思いを書き留めているとなぜ、タカシは水筒を持たされていたんだろうと考えが出てくるようになりました。思い出すと本当に面白いです。
ユーキとゆりあんレトリィバーさんが登場した時はニコニコしてるユーキが可愛すぎてつい、女子ドルだと思ってみてしまいました。春ツアーでユーキが調子乗っちゃってをやっていたのですが、まさか本家とやるとはその時は思いもしなかったでしょう。御本人とやる調子乗っちゃってが見れて嬉しかったです。
推し2人がチョーカーをつけていたことには笑いました。

 

アーティストとしての超特急

超特急の出番がなかなか来ず、赤西仁さんや、欅坂46さん、E-girlsさんが先にライブを行い、すごい方々の後で本当に大丈夫だろうかとちょっと不安になりましたが、ライブが始まったらそんな心配も杞憂に終わりました。まずovertureが流れてきて、ガルアワに合わせた映像演出。ここで、8号車以外のお客さんはペンラ芸にびっくりしていたと思います。そして始まったUNKNOWN...超フェスに行け無かったので、ここでUNKNOWN...が聞けて本当に嬉しかったです。

 

UNKNOWN...の途中でアクシデント発生も
下手側にいましたが、UNKNOWN...の途中で急に音が小さくなってしまいました。完全に、音がなくなった訳でなく、遠くの方から音が聞こえるような。音漏れを聞いてるような感じに聞こえました。でもそんな状況にも関わらず、堂々とパフォーマンスを続ける超特急。あの時のアカペラやダンスパフォーマンスは一生忘れないと思います。そんな超特急を見ていて会場の8号車も、会場を盛り上げようと応援します。その光景に泣きそうでしたが、精一杯応援をしました。

 

やりきった後もすごかった
まず、カイの頭の回転の速さには驚きました。機材トラブルが落ち着くまで変な間を作らずに喋り続けた彼は本当に格好良かったです。また、会場を盛り上げるために、気張りや、後に出る乃木坂46さんへの配慮もしつつ、男性に対しても盛り上げをしていて、カイと言う人材を今すぐにでも我が社に欲しいと思いました。(我が社なんてありません)
それに応えるかのように、後ろから聞こえてきた男性の声にとても感動しました。坂道グループのファンの方っていつも盛り上げてくださって優しい方々だなってこう言った現場に行く度に、思います。いつもありがとうございます。
あと、コーイチの気遣いがすごい。タカシじゃなくて俺が出てなければよかったとか、走ってメンバー全員のタオル持ってくるとか、普段のライブでは見られないコーイチを見れた気がします。ニコニコしてて可愛かった。
そして、結局どうにも出来ずに、一旦捌けることになってしまいましたが、そこでもカイは凄かった。捌けると言う言葉では無く、車庫に車両点検に行きますと超特急と言う世界観を壊さず盛り上げながら上手に捌けていきました。この対応には他グループのファンも感心していて、良い意味でカイを恐ろしく感じました。

 

仕切り直して
LIVE PERFORMANCEが表示され、ちらほらとそこからかーいってツッコミが聞こえました。少し面白かったです。overtureが流れて、UNKNOWN...が始まります。ほかのアーティストの方の雰囲気や、ファッションイベントの雰囲気を考えるとUNKNOWN...をセトリに入れたのは正解だなと思いました。今回の衣装とUNKNOWN...が良くあっていて引き込まれました。

 

2曲目は超特急の定番曲
UNKNOWN...でカッコイイと思わせてからの超特急らしい、盛り上がる曲burn!が始まりました。外部イベントをこなしている賜物か、自分の好きなモデルさんやアーティストを思い浮かべて一緒に捧げてくださいなどの言葉選びが本当に上手くなっているなと思いました。そしてセンターステージへ。センターステージのちょうど下手側だったのでコーイチが良く見えて、コーイチがニコニコしてて、いろんな感情が混じってたから本当にリアコ案件でした。確かにそこは、プレミアム席と価値のある席でした。

 

3曲目は盛り上がる曲
超えてアバンチュール、この曲は楽しいの一言に尽きますね。衣装とのミスマッチ感でさえ楽しいと感じますから。曲の中にコントチックなものを取り入れてファッションイベントで披露するなんてなかなかですよね。ばけものには笑いました。そしてリョウガに告白するばけ…ユースケ。突然のリョガスケに心の中で叫びました。ヘドバンでみんなカツラを被ったのも面白かった。ハチャメチャで楽しくて期待を裏切らない超特急が見れて本当に良かったです。

 

最後に

モデルもして、ライブも行って改めて人気が出たなあと感じました。今回のライブは一生記憶に残り続けると思いました。これを見たら年末年始までお休みしてしまうけど、非常に満足度が高いですし、心置き無くお休みできるなと思いました。

SUPER★DRAGONのメンバー紹介2

2017.10.28追記

メンバーの池田彪馬くんが、書いたメンバー紹介が1番わかりやすいので、ぜひ参考にしていただきたい。
SUPER★DRAGON 公式ブログ - 【슈퍼드래곤】What's SUPER★DRAGON? - Powered by LINE

 

サンダードラゴン

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706205311j:image

 f:id:EBi_16tycotoma:20170706121245j:image

SOUGO(伊藤壮吾)

2003年2月17日生まれ

とにかく可愛い。赤ちゃん。ほっぺたもちもち。

ライブ中の笑顔めちゃくちゃ可愛い。癒し。

鉄オタで、惜しげも無くその知識を披露している。

ライブではそこの地域にあったアナウンスをしてくれる。

握手会で、電車ネタを話題にすると目をキラキラさせながら語ってくる。剥がされてるのに喋り続ける時がある。

よくそれで、オタクが着いていけなくなる。

上記の写真の通り、電車が絡むと高確率で笑顔になる。

電車好きをブレずに続けたので、見事電車ネタでバラエティに出演した。

個人的にはタモリ倶楽部に早く見つかることを願っている。

去年のエビライのP!LKのティムくんとの並んだ時の映像を見ていただきたい。ビックリする。

声変わり中だが、とてもイケボである。

男性ファンも多い。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706200655j:image

 KOKI(田中洸希)

2003年2月27日

ボーカル、ラップ、ダンス、ヒューマンビートボックスを操るオールラウンダー。

ただ、ここまでこなすのは、相当な努力家だからである。

ビートボックスオタク。ネイポムに憧れている。

ダンスの時の表情に磨きがかかってきた。

顔がかっこいい。壮吾同様ほっぺたもちもち。

ただ、最近は成長でほっぺたがシュッとしてきた。

ジャンの事を嫌いと言っているが、裏腹に相当好きな模様。最近ジャンとカップルと言われている。

かなりのなで肩でよくメンバー弄られている。

弄られるとムキになるのが可愛い。

笑った顔がとっても可愛いく、母性をくすぐられる。

洸希も男性ファンが多い。

スパドラのゴールデンレトリーバー

f:id:EBi_16tycotoma:20170707172237j:image

ジャンとは仲良し。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706203051j:image

HYOMA(池田彪馬)

2003年6月2日生まれ。

彼からは恐ろしいほどのエロスを感じる。

えっ、まじで中学生?エロくね?

まずここから始まり気になりだす。

気になり出すと止まらなくなりハマり出す。

ハマり出すと止まらなくなる。

その様はまるで薬物依存のあの図のよう。

そんな不思議な魅力をもつイケ田彪馬。

最高レベルのエロさをもつ彼だが、時折見せる、年相応の可愛さにギャップを感じ、やられる人が多い。

故に年上女性からの支持も熱い。

最近では男性ファンも増えてきている。

歌もダンスもトップレベル。安心して見ていられるが、間違えたりすると引きずってしまったりとちょっとわかりやすい所もある。

そこがまた彼の魅力の一つであろう。

個人的には笑い声が好きだ。

彼の中にはギャルが住んでいるようで、時々、ギャルの様な雰囲気が出ている。

f:id:EBi_16tycotoma:20170707172054j:image

笑うととっても可愛い

 

 f:id:EBi_16tycotoma:20170707172132j:image

TOMOYA(松村和哉)

2004年4月15日生まれ

ちょっと前までランドセル背負っていたのが、嘘のように大人っぽい。

ほっぺた真っ赤になるのがとても可愛い。

SUPER★DRAGONラストサムライ

カイ推しにおすすめである。

そしてカイを尊敬してる。

鋭い的確なツッコミを良くする。

ジャンに対しての毒舌が凄い。愛故に。

個人的におすすめなパーツは首である。喉仏も注目していただきたい。

低音を生かしたラップは聴きごたえがある。

彼の低音ボイスはSUPER★DRAGONに欠かせないものとなっている。

ライブでは殺陣を披露しており、大勢のファンの心を掴んだ。

和哉も男性ファンが多い。

f:id:EBi_16tycotoma:20170707173503j:image

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170707173808j:image

RAKU(柴崎楽)

第一印象「えっ、よ、幼女!!」

現在       「ら、楽さん…!」

あざと可愛い。少々気まぐれさん。

ライブでは、端っこにいる人にも優しい微笑みをくれる。そして可愛い。

最近は急成長中で、声変わりも始まってるからみんな急げ!!

メンバーに対して構ってちゃん。可愛い。

とにかく可愛い。

玲於のことが好きで、ベタベタしている。

芸術的才能に溢れている。

私服もおしゃれ。

壮吾と楽でちっちゃいもの倶楽部と私たちの周りで親しみを込めて言っているが、私は既に2人に身長を抜かされている。

玲於が身長を抜かされるのも時間のもんだ…あっ、これ以上言えない!

Rと言うネコを飼っていて、これまた可愛い猫である。

ビビちゃんと言うわんこもいる。

SUPER★DRAGONのメンバー紹介1

2017.10.28追記

メンバーの池田彪馬くんが、書いたメンバー紹介が1番わかりやすいので、ぜひ参考にしていただきたい。

SUPER★DRAGON 公式ブログ - 【슈퍼드래곤】What's SUPER★DRAGON? - Powered by LINE

 

ファイヤードラゴン

f:id:EBi_16tycotoma:20170706013417j:image

 REO(志村玲於)

1999年1月29日生まれ。

SUPER★DRAGONの最年長。

お母さん的存在であり、個人的にお嫁さんにしたいEBiDANメンバーNo.1である。(ちなみに旦那にしたいEBiDANメンバーNo.1はリョウガ)

最近すごく美人になった。

ダンスが一番上手いので、推しを見ているつもりが、玲於を見てしまっていることがよくある。

多分そうやって落ちてく人が多いのだろう。

握手会など対応がよく、友達のように話しやすいが、リアコ製造機でもあるので、多分ハマったら恐ろしい。

身長はメンバーの中で3番目に小さく、気にしている。

夏にはよくアロハシャツを着ている。

宿泊先のホテルでは自分のパジャマではなく、アメニティのパジャマをよく着ている。

何事にも熱いので、ライブではよく盛り上げ役を任されるが、やや滑る。そこも魅力の一つ。

よくメンバーから弄られる。愛されキャラ。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706015053j:image

TSUYOSHI(古川毅)

2000年2月27生まれ。

SUPER★DRAGONのメインボーカル。

顔が良い、高身長、声が良いと三拍子揃っている。

でかのっぽ(コーイチ命名)

お洒落がハイレベルすぎて着いていけない時がある。

性格に難があるが、可愛い所もある。ただ、顔が良い。

リリースイベントの特典会では中盤あたりから眠そうな顔や疲れた顔になってくるのでそれが嫌な人は序盤に行くことをおすすめする。(推しにするとそんな所も可愛く見えてくる。)

赤西仁を最大のカリスマと崇めている。

ライブでの歌い方のアレンジがとても良いので、ぜひライブに来て聞いていただきたい。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706021510j:image

JEAN(ジャン海渡)

2000年5月4日生まれ。

トルコと日本のハーフである。

バラエティ色が強めで面白い。

ラップ、ダンス、ヒューマンビートボックス、どれをとってもハイレベルだか、ラップが特にすごい。

本人が、一番好きだと言っている楽曲、Mr.GAMEを聞いてみるとその凄さがわかる。

髪型をよく変える。何をしても似合っていて羨ましい。

黙っていれば綺麗な顔をしている。

夕方になると青ヒゲが目立ってくるので、よくファンにネタにされる。

ライブの時表情が変化するので、たまに目が離せなくなる時がある。そのせいでリアコになりかける。

 

ちなみに、毅とジャンはコーイチを兄のように慕っているので、コーイチ推しは、2人のブログやインスタをまめにチェックをするといいかも知れない。

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706023641j:image

HAYATE(飯島颯)

2001年10月12日生まれ。

お母さんに紹介したいメンバーNo.1

タカシ推しにおすすめしたいメンバーである。

綺麗な顔をしていて、個人的には目がすごい好きなパーツだ。

何事にも一所懸命で、頑張り屋なので、よく颯推しに心配されている。

身長180cm超えとちょっと前まで中学生だったと思えない大人っぽさ。

だけど、喋るとふわふわで言葉が全部ひらがなで浮かび上がってくる。

穏やかなイメージが強いが、最近ちょっぴりうるさくなったようだ。そんな所も推していて可愛いポイントだろう。

家族思いで、ブログやインタビュー記事を見るとほっこりする。

お母さんの好きな手料理はと言う質問に対し、全部と言う100点満点の返答をした。

クマくんと言うネコを飼っていて、クマくん単体でもファンがいそうなほどブログに上がる写真が可愛い。(多分猫の着ぐるみを着た人間なのではないかと予想している)

 

f:id:EBi_16tycotoma:20170706025115j:image

クマくんと颯

f:id:EBi_16tycotoma:20170706025133j:image